[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

砂見田キャンプ場

2009/09/22(火) 11:56:56 [山口県のキャンプ場] #

砂見田キャンプ場-01 砂見田キャンプ場-02 砂見田キャンプ場-19
萩港にある定期船待合所。萩港から見島・大島・相島に行く船が出る。宇津港到着、船から降りるとすぐダイビングサービスショップとこの海水浴場がある。「見島宇津漁港公園案内図」の「多目的広場」が砂見田キャンプ場。

山口県見島。見島牛、スキューバダイビング、渡り鳥の中継地として有名な島に唯一あるキャンプ場が見島の宇津地区に海水浴場とともに併設されています。
管理棟・常夜灯・炊事棟・コイン式シャワー(水)・水洗トイレ・足洗い場・コイン式電源・テニスコート(草ボーボー)あり。受付と料金の支払いは宇津漁協組合で。漁協は日曜は休みです。

利用料:1泊1500円(一区画あたりの料金・全9区画あり) 
宿泊は11:00~翌10:00 日帰り利用は500円で10:00~16:00 連泊は日帰り料金は発生しません。
利用期間:7/1~8/31

住所:山口県萩市見島宇津 Google地図 Yahoo!地図
電話:0838-23-3011(予約)宇津漁業協同組合

見島へのフェリー料金 萩海運HP
大人:1890円 バイク原付(50cc)以上:2500円 往復割引とかナッシン!帰りも同じ料金w 50ccは少し安くなると聞いたがいくらだったか失念w 

砂見田キャンプ場-28 砂見田キャンプ場-26 砂見田キャンプ場-23
領収金額は二泊分。見島の形をよく見てみよう、牛を横から見た姿に見えるよ!地図上の「見田海水浴場」は道がわかりにくく、悪路の連続。また、海水浴はできません。シャワーもなんにも無し。海女さんの漁場になってました。

人間と貨物=バイクの受付料金支払い場所がそれぞれ別の所にあるので注意。(目と鼻の先程しか離れてませんがw)バイクを自分で運転して船に入ろうとしたら危険だからダメと言われる。船員の方々がチョー重&過積載なバイクをゴロゴロ歩いて転がして運んでくれました。固定も5人掛かりでしっかりやってくれます。

砂見田キャンプ場-18 砂見田キャンプ場-21 砂見田キャンプ場-20
左:宇津漁業協同組合事務所 宇津港から500mくらいの所にある 中央:砂見田キャンプ場全景 パっと見、島根の多古鼻キャンプ場に似ている  

キャンプ場にはレンタル品も各種揃えています。小中学生の夏休み期間中のみの開設なので毎年二日間の家族向けイベントも行なっている様子。当然のことながら、その期間はキャンプ場も満杯。一人旅ライダーの皆さん、夏に見島へ行くなら萩市の広報ニュースは要チェックです!

砂見田キャンプ場-11 砂見田キャンプ場-12 砂見田キャンプ場-16
炊事棟は綺麗で電気も煌々と点く。写真中央:管理棟とトイレ・シャワー棟。身障者用トイレも完備。写真右:足洗い場

シーズン中というのに管理棟には人はいない。本当にイベントの時だけしか常駐しないようだ。この日の利用客は私の他、男だらけのグループひと組。鍵はかかっていないので出入りは可能だった。豪雨に見舞われた時のエスケープにという漁協からの心遣いかも。

砂見田キャンプ場-13砂見田キャンプ場-14砂見田キャンプ場-15砂見田キャンプ場-17
3分100円のシャワールーム。小さい棚と板すのこも置いてある。トイレは水洗。コイン式電源は漁協で申請しないと使えない仕様なのか、鍵でもかかっているようで蓋が開かなかった。

シャワー棟は見かけより若干ボロw漏れ水がジョボジョボ出っぱなし。水しか出ないのに3分100円。しかも「一時停止」で水を止めてもタイマーはカウントするので3分経ったらストップ。一時停止の意味ネェ~www
砂見田キャンプ場-04 砂見田キャンプ場-07 砂見田キャンプ場-08

釣り竿を持った人が何人も訪れるところを見ると、海岸からは釣りもできる様子。テントサイトはフラットな芝地。水はけもよく、豪雨が通り過ぎたあともサイトの状態良好。前日イベントがあったためか、草刈りしたてのすがすがしい芝地になっていた。刈った芝が海岸に放置w

砂見田キャンプ場-09 砂見田キャンプ場-10 砂見田キャンプ場-22

田舎の離島によくあることと言えば何でしょう。そうです!酒とつまみが手軽に買えない!( ゚д゚)オゴエッ
見島で売っているビールはアサヒスーパードライの350mlだけ。しかも本村地区まで行かないと買えません。宇津地区ではビールどころか酒屋自体が無いのです。辛うじてダイビングサービスショップに350mlのアサヒスーパードライが用意されていますが一本300円で、夜になったら閉まってしまうのでアウト。

宇津地区の商店は悲しくなるくらい買えるものが無い。豆腐はあります。105円。どんな田舎でも豆腐は必ずあるw ちくわとかチーズは本村地区に行かないと買えない。
宇津漁協の近くには氷の自販機がある。洗面器一杯分100円。本村地区には氷屋がある。

砂見田キャンプ場-24 砂見田キャンプ場-05 砂見田キャンプ場-27
観音平は見島の観光地。全国的にも珍しい正観音を祀る宇津観音堂がある。また、見島南西部には航空自衛隊の見島分屯基地もあるため、ヘリが飛んでいるのもよく見えた。

また、昼時になると農協や漁協の人らは昼飯を食べに家へ帰るようで、鍵をかけて行ってしまうので用があっても誰も入れない。その辺にある売店も同様。自宅が店という店以外はみんな閉めちゃうから昼時になんか買おうとしても無駄www
ツーリングライダーは萩で多少の無理をしてでも、酒とつまみをしこたま買い込んで上陸することを胆に命じよう。ちなみに、萩の蒲鉾専門店・村田蒲鉾店のひねりちくわは本当に旨い。本村地区でも売ってます。

砂見田キャンプ場-25 砂見田キャンプ場-30 砂見田キャンプ場-29
キャンプ場からすぐ近くにある「観音平・宇津観音堂」に行く道の途中にこ~んな謎の道がある。道の先には鬼太郎の家でもありそうな雰囲気ですが、フツーに人んちの畑。宇津観音堂の駐車場から入って行ける公園あり。この公園の東屋から宇津を一望できるが草ボーボー足場悪し。w

内地に於いてどんな田舎にも24時間営業のスーパーが普通にあるような昨今でも、離島となると話は別。離島の時間の流れはもっとゆっくりしている。このたびの見島も、10年前に訪れた時とさほど変わっていなかった。角島も昔はこんな感じだったんだよなぁ~。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。