[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

モンゴル旅行記・ゆきゆきて、モンゴルその4

2009/08/29(土) 13:25:15 [旅の記録・モンゴル] #

mongol_45+ mongol_31 mongol_72
海苔巻き。手間のかかるものを作ってもらうと申し訳ない気持ちになる。日本の海苔巻きとは似て非なる味ですが、ありがたく完食。日中は気温も30℃まで上がるので、こうやってフェルトの壁をめくって風を入れる。ワンワンもお昼寝。


持って行ってよかったもの自分用備忘録なので他の人が見ても役に立ちませんw

洗濯ロープセット ゲルの中に洗濯した物を干すのに使う。遊牧民の方々はゲルの屋根に干していた。

フェイスシート 汗拭きシートというのだろうか。それの顔にも使えるやつ。ホームステイ先は水が少ない。料理用は遠く離れたツーリストキャンプの井戸から、洗い物用は川から汲んでくる。シャイな俺は洗顔に水を使うことをためらい、顔の日焼け止め落としも朝の洗顔もすべてこれでまかなうのだった。日本には介護用のからだふきとかいうのもあるらしいので、そういうのでもよかったかもしれない。

キャンドルランタン ゲルの中は電灯が点くとはいえ夜であれば外は暗い。寝ているガイドの横をそ~っと抜き足差し足で表に出て、この明かりとビール(つまみナシw)と満天の星空という「男のロマン三段仕込み」で至福の時間。いくつになっても堪えられませんネ!

シルクのツーリストシーツ 清潔そうなシーツがかけてあるので一見分からないがシーツをはずしてみると砂まみれの布団だった、ということはよくあることなのかどうか…(たまたま朝食をもってきてくれた娘さんがその状況を見てすぐに綺麗な布団に替えてくれました)
こういったアクシデントの対処用の他、夜間の冷え込みに、夜中のひとり飲み会に、首に巻いたり肩にかけても暖かいです。

mongol_12 mongol_37 mongol_32
モンゴルの本格的なナーダム祭は革命記念日である7/11,12を中心に、所定の場所にておこなわれるが、各地に点在するツーリストキャンプでは観光客のために革命記念日以外の日でも、コンパクトにまとめたダイジェスト版的なナーダム祭イベントをおこなうところもある。
写真左:近所のツーリストキャンプで韓国の観光客団体に混じって見学。
写真中央:スフバートル広場の中央に立つスフバートルの騎馬像
写真右:テレルジからウランバートルへ戻る途中にある大きな橋は木製


醤油とタバスコ まずくはないんです。味は良いんです。ただ口に合わなかっただけなんですゴメンナサイ。でも何故お茶(スーテーツァイではなく普通の番茶みたいなやつ)に塩が入り、お粥に牛乳と砂糖が入っているの…スーテーツァイはスキムミルクの味に近い。はちみつも持って行けば良かった…

日本のお茶ティーバッグ モンゴルのお菓子は油分も水分も極力少ない口の中バッサバサ系。しかも一個一個がデカく、いやになるほど甘い。これを例の脱脂粉乳とともに流し込むと膨満感も限界値に。日本のお茶を飲んでHP回復。

空気を入れて使う座布団 雨水が染みているベンチやゴツゴツの岩場に座って飲み会をするとき、黙って尻を守ってくれる頼もしい相棒。

モスキートネット(蚊帳) うざ~ぃ蠅さんシャットアウト。心理的な結界としてもwww

双眼鏡 広大な土地ではこれがあると楽しい。夜は星もより一層よく見える。遊牧民の人たちへのお土産にも喜ばれますよ!

iPodと、その予備バッテリー よかったもの、というよりこれは旅の必需品か。最近のiPod用予備バッテリーは乾電池式とか大容量とか、いいのが色々出てます。

mongol_70mongol_69mongol_66mongol_68

出国審査を終えて国際線搭乗ゲート側に入ればそこで飲み物を買うことができる。もちろん飛行機への持込みも可能。でも飛行機内でビールタダでくれるし、500mlのペットポトルのミネラルウォーターも頼めばもらえる。写真中央:関空搭乗エリアの売店で売っているビールは同じフロアにある自販機より少し高かったような気がする(ウロ覚え)。ビールに限らずあらゆるものが店によって価格が違うのでよく見て買おう。

持って行ったのに使わ(え)なかったもの

サスコム ホームステイ先の遊牧民ゲルはソーラー発電があるといっても、客用ゲルにはコンセントナッシン!ちなみに、ツーリストキャンプならコンセントもありますから充電は可能です。奇跡的にデジカメの予備バッテリー共々最終日まで持ちこたえてくれたので良かった。

スリッパ ウランバートルのホテルにはスリッパは用意されていないとガイドブックに書いてあるのを真に受けました。ミッシェルホテルにはあります。当然のことながらコンセントもあり充電可能w

冬物あったか上下 朝晩は冷え込むと言われていたので持って行ったが、少しヒンヤリする程度。長袖のパーカーが一枚あれば充分。夏のモンゴルは普通に夏だった。ガイドは寒がりなのか冷え性なのか、「そんな薄着で寒くないですか」「ストーヴ炊かなくていいですか」「本当に寒くないんですか」としょっちゅう言うのだが、気温22℃で寒いなんて言ってんじゃねーよ!w

蚊取り線香 蠅には効きません。川や沼地のような水が溜まっている場所から遠いところには、そもそも蚊は発生しないし…

地球の歩き方・指さし会話帳 今回に限りだと思うが、人間と本の違いは喋るか喋らないかの違いだと深く実感w
帰国→他の旅行社との比較

22万ツアーの内訳 ウェブ上で明記されていたプランと若干違う
レストランでの昼食1回、夕食2回 
亀石見学
丘の上から夕焼け及び星空鑑賞 何故か行なわれなかった
モンゴルうどん作りを体験 これも何故かスルーされている
モンゴル水餃子作りを体験 
モンゴル伝統のゲーム「シャガイ」で遊ぶ これもスルーされているw
チンギスハーン騎馬像見学 建物は完成していたが公園自体がまだ工事中という有様
スフバートル広場・ガンダン寺院・食糧市場・ゴビカシミヤストア・ノミンデパートへ行く ノミンデパートは行ってない
民族舞踏コンサート鑑賞

・プランがショボ~ィw
22万という価格が安い方なのかどうなのか、フォートラベルなどで他所様の旅行記を覗き見すると自分のツアーは似たようなコースを回っているとはいえ、全体的にショボかったと実感。
博物館や美術館がコースに入ってなかったのは実に残念。
興味の無い店ばかり連れ回されたあげく、市場で見たような音楽CDを買いたいと言っているのに高そうな土産物屋に連れて行かれた時の気分をなんと表現したらいいかw
ヨソのツアーのガイドさんは若くて気配り上手で客のために白飯用フリカケパックや紅茶のティーバッグを別途持参していたり、郵便局に綺麗な葉書を売っていることなど教えてくれたり、安くてナイスなTシャツを売っている店まで連れてってくれたりしているというのに…w

mongol_67mongol_63 mongol_64mongol_65
関空国際線出国エリア(出発ロビーではなく、トランジットスペースなんかがある場所)には無料で使えるシャワールームがあります。エアコンもきいてて涼しく、他に人がいない状態だったこの日は、ゆっくりと汗を流すことができた。

・ゲルがボロかったw
日本に戻るまではこんなもんだろうと思っていたが、これまた他所様の旅行記を拝見すると遊牧民ゲルにホームステイのコースでも皆さん結構こぎれいなゲルとベッドで過ごされたようで、砂まみれでなんか臭う布団と枠が剥き出しのままのゲルで寝起きした自分がちょっと可哀相w

・食事もショボかったw
基本一品のみ。他所様の旅行記の写真はサラダが付いてたりロールパンが付いてたり、ケーキやアイスも付いてたり(ホテルじゃなくてホームステイでですょ、この差は何だw)。

22万のツアーってこんなもんなんですかね(´・ω・`)
ちなみに今回利用した旅行社は「チ」のつく旅行社、ガイド派遣はモンゴルの「GRATE STEPPES」ですYO。
参考までに。

mongol_61 mongol_62 mongol_63
空から見ても、つくづく広い。I'll be back!
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。