[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

初めての海外旅行・モンゴル

2009/07/22(水) 19:32:11 [旅の記録・モンゴル] #

モンゴルに行こうと思いついたのが2009年2月もそろそろ終わる頃。

「モンゴルで化石発掘体験!」

新聞の、そんな記事を読んだばっかりに…
でもそのツアーは30万前後する高級ツアーだったので、もっと安いツアーに行こうというか
30万も払って博士の奴隷なんてヤダなというか(冗談です、冗談)
とにかく、急にモンゴルに行きたくなったわけです。

それで3月にはもうパスポートを取得し、旅行会社数社にメールを出し問合せをし、査証も取得しあとは出発を待つのみとなったのですが、思えば長い五ヵ月間でしたw
ネットで情報を集めることに奔走(と、言うほどでもないがw)するも、大抵のことは「地球の歩き方」に書いてあるわけで…
その五ヵ月間に得た情報をお粗末ながらここで披露させていただきます。

モンゴルに行くには査証(ビザ)が必要です。ちょっと前までは日本人はビザ無しで行けたらしいんですけどこれが無いとモンゴルに入れません。旅行会社で取得代行するサービスもありますが、手数料が安いもので
2800円、高いところになると5000~8000円というところまであります。

2010年4月1日より日本国籍の人はノービザになりました。モンゴル滞在期間30日以内の方で渡航目的が観光、業務、トランジットを不問。ただし、パスポートの残存期間は6ヶ月以上であることが条件です。

査証取得
大阪・札幌・東京で取得できます。大阪・札幌は領事館、東京は大使館です。
申請用紙の書式が各所で異なるため、それぞれの領事館・大使館専用の申請用紙を使うこと。
自分は在大阪モンゴル国名誉領事館で取得しました。申請用紙をダウンロードして裏表印刷したものに
必要事項を記入します。
大使館のと違って日本語で書いてあって助かる!
大阪に限り、「日本モンゴル文化経済交流協会」では査証代金に+2000円で代行申請してくれます。

・モンゴル査証申請用紙に必要事項を記入して、自分の写真を貼ったもの(スナップ写真やデジカメで適当に撮ったのはダメ、パスポート用に撮影したもの)
・パスポート本体(6ヵ月以上有効期間が残っているもの)
・査証代金 (渡航目的と申請のタイミングによって金額は変わります)
・日本モンゴル文化経済交流協会入会費 500円
・代行取得手数料(返信用切手代も含まれています)1500円
・きちんと住所氏名を明記した返信用封筒
・日モ文化経済交流協会宛の「委任状」(特に書式はありません 委任状の書き方等でググってください)

以上のものを書留封筒(大小あります、大のほうが余裕で入る 封筒代20円)に入れて日モ文化経済交流協会宛に書留で郵送します。郵送してから12日ほどで申請済みのパスポートが戻ってきます。
自分の場合は普通の封筒を返信用に使いましたが、ちゃんと書留で郵送されてましたヨ。

旅行会社の印象
チンギスハーン旅行
元来パンフレットを作らない合理派スタイル。問合せに対するレスポンス早い。
査証代行手数料が他の旅行社より安い。一名参加の料金もウェブ上に明記してあって
わかりやすい。格安航空券は勿論、ゲストハウスの手配も可能なのはここだけのようだ。

ジャパンネットワークツアー
パンフレットあり。ウェブサイトからの問合せフォームがちゃんと機能していないっぽい。
直接電話する等何度かこちらからアクションを起こすも、反応遅い。東京の本社では
ひやかしクサい客はスルーしろという決まりでもあるのかもしれないw
逆に関西支店の担当の人は一所懸命な姿勢が印象的で、関西と関東の温度差が感じられる。
他の旅行社よりツアー料金が比較的安いが、ウェブ上では一名参加の料金が不明。
ウェブ上に記載されている料金にプラスだいたい5万円くらい上乗せされるようだ。

サントクエンタープライズ
パンフレットに金がかかっている。どんな立派なホテルとツーリストキャンプで泊まれるのか未確認だが乗馬体験と遊牧民ゲルにホームステイプランで8日間関空発一名参加の場合の料金が30万前後と、ツアー料金がかなり高い。問合せへのレスポンスは早い。
一名参加の料金はきちんと明記されている。ツアー参加者にはもれなくハンドブックや
会話帳、正座早見表、その他便利グッズなどのサントクオリジナルグッズが付く。

風の旅行社
ここのパンフレットも金がかかっている。問合せへのレスポンス早い。速攻で早い。
対応丁寧。営業にも力が入っている。旅行社直営キャンプを持ち、アーティストと行く
ツアー等特色のあるツアーも揃う。
ウェブ上に記載されている料金もそう安くないが、一名参加の料金が約10万上乗せとなる。
「たびとも」システムで同じツアーに参加するメンバーを募り、人数が揃ったときに
初めてウェブ上の料金でツアーに参加できる。

2009年7~9月までのハイシーズン中限定で「一名催行キャンペーン」と称した割安ツアーが
あるようで、一名での参加ツアーが色々用意され、この期間は上乗せ料金は21000円となる。

ファイブスタークラブ
ここは問い合わせしていないのだけれど、エイビーロードを見た時になんとなく気になっていたw
理由はツアー料金が安いのに、最少催行人員が一名からとなっているところ。おそらくは
ウランバートル市内でホテル泊の時に5000~10000円は加算があると思うがそれでも安い。
7月のハイシーズンで遊牧民ゲルへホームステイ1泊、ブルドのツーリストキャンプに4泊、
カラコルム遺跡見学と乗馬体験2日間の関空発8日間(6日間毎日三食付き)がおよそ17万は
おトクだと思う。韓国資本の旅行会社ということらしいが、未確認。

ち・な・み・に自分の購入したツアーはこれとよく似たプランで関空発22万(`・ω・´)オゴエッ
これでも5月に申し込みしたときは一番安かったのです。
モンゴルサマーツアーが、あとからの6月初旬くらいからのほうが、いいプランが次々出て
くるなんてこちとらちーとも知りませんでしたYO!

でもやっぱりパッケージツアーよりは、格安航空券とゲストハウスのスタイルが一番安くてフリーダムなのは言うまでもありませんwww
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。