[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

立野野営場

2009/10/22(木) 20:13:07 [広島県のキャンプ場] #

立野野営場-07 立野野営場-08 立野野営場-13

広島県吉和。寂地峡、潮原温泉、女鹿平温泉、十方山林道、もみのき森林公園といった自然豊かな行楽地の中にある、細見谷公園施設キャンプ場。炊事棟二カ所、水洗トイレ、東屋、ピクニックテーブルあり。広場の第一サイトと林間の第二サイトに分れています。

利用料:無料 (一応何らかの連絡は入れておいた方がいいと思います。自分の時は前日電話で吉和支所に利用の旨を伝え、当日吉和支所で許可書をもらいました。)
利用期間:4~11月末(12~3月までは水道が凍結するため使用を止めています)

住所:広島県廿日市市吉和 Google地図 Yahoo!地図
電話:0829-77-2111 (廿日市市吉和支所)

女鹿平温泉クヴェーレ吉和までは3.8km、クヴェーレ吉和の近くに坂口酒店あり。コンビニのヤマザキYショップまでは5.4kmと近く、吉和支所に立ち寄るついでに食糧を用意するのに便利。

吉和のヤマザキYショップはコンビニというより最早スーパーマーケットの体を成しています。KIRIN、サッポロ、アサヒ各メーカーのビールは勿論のこと、野菜果物、肉、刺身、惣菜関係から弁当までバラエティに富んでいる。氷も1.1kg 315円で販売。虫除けに蚊取り線香、エロ本ティッシュ袋菓子に至るまで、なんでも揃う品揃え充実。
クヴェーレ吉和はJAFカード提示で入浴料20%引き!840円→680円

立野野営場-12 立野野営場-11 立野野営場-10

設備は噂通りのきれいな設備。東屋だけ古くさいところを見ると、炊事棟とトイレは古かったものを建て直した様子。東屋と炊事棟はスイッチ式の電灯、東屋の蛍光灯は切れていた。

立野野営場-18 立野野営場-19 立野野営場-34

広くて開放的な第一サイト。車両もラクラク入ってオートキャンプもできる。

立野野営場-06立野野営場-01立野野営場-02立野野営場-05

トイレは車椅子用も用意されたセンサー式電灯のハイテク系w お母様が安心して用を足すための赤ちゃんホルダーの他、着替えができるように広めの棚や服をかけるためのフックがある。

ここだけの話、立野野営場は盗難対策セキュリティが充実しているwww電源ボックスの施錠はもとより、コンセントの類いも徹底して無くし、トイレットペーパーのホルダーにまで鍵がある。ペーパーを持ち帰るアホが余程多かったのか、解錠しないとペーパーの補充もできない。勿論俺らには開けられないので担当の人がするのだろうけど、誰もその仕事をやらないのかホルダーにはペーパーがセットされておらず、全ての巻紙がその辺に放置w 使いにくいことこの上ナシ!鍵の意味ねーょ

立野野営場-17 立野野営場-16 立野野営場-15

夕方、地元の人が犬を連れて来られました。散歩かと思いましたが実はそうではなく、ありがたいことに、キャンプをしている私のために「熊避け」としてこの子にマーキングをさせるというものでした。吉和支所の人が知らせてくれたのだろうか。
賢い子で、テントやバイク、ハンモックにすらも興味を示すそぶりは見せず、一所懸命あちこちの木の根元を移動して回ってくれていました。ワンワンは紀州犬で、猟犬としても実績のあるエリート犬なので、この子がマーキングしたところは熊が来ないのだそうです。スゲー!

実際、その夜は熊は勿論、タヌキもイタチも来なかったようで、小動物の歩く足音すらせず。
熊避けアイテムに「ウルフピー」というアメリカ製の狼の尿があるくらいだから、猟犬の尿も道理にかなっているのだと実感。
立野野営場-09 立野野営場-03 立野野営場-04

連休終了直後だったせいか、ゴミがいっぱい。焚き付け用の古新聞も散乱。バーベキューの残飯を炊事棟の裏に捨ててったアホは地獄に堕ちればいいと思うよ(`・ω・´)

立野野営場-14 立野野営場-24 立野野営場-23
一般的には「吉和野営場」と呼ばれているが、ここの看板には「細見谷キャンプ場」と書いてある。

樹木が林立する中の第二サイト。何カ所かは盛り土をして平らに整地したサイトになってます。

立野野営場-32 立野野営場-31 立野野営場-27
立野野営場-25 立野野営場-28 立野野営場-26

第二サイトにもきれいな炊事棟があります。明かりも煌々と点く。すぐそばを川が流れてせせらぎの音が涼しげで、いかにも夏向き。秋になると栗の木がとげとげの実をいっぱい落とす。

立野野営場-36 立野野営場-35 立野野営場-33
キャンプ場の至る所に焚き火のあとが見られます。誰かが燃やしてくれることを期待するかのようにゴミをそこに置いて帰るアホも地獄に堕ちるといいYO!

キャンプしたのは9月末だったが、日中は虫が多かった。目まといとかマクナギとかいう、やたら目の周りを飛ぶ虫がいてナンギ。昼の気温が上がる頃には虫柱もあちこちに見られる。帽子に被せるモスキートネットは必需品。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback(-)

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。